UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 日焼け止めの塗り直しメイクの上からは?時間帯と頻度は?

日焼け止めの塗り直しメイクの上からは?時間帯と頻度は?

目安時間約 6分

太陽

 

 

紫外線対策に、日焼け止めは欠かせません。

朝にしっかりと日焼け止めを塗っても、汗をかいたり、ハンカチで拭いたりしているうちに、日焼け止めはどんどん落ちていきます。

塗り直しが必要になってきますが、バッチリとメイクしているときはどうしたらいいのでしょう。

では、メイクの上から塗りなおす方法とタイミングをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めの塗り直しの方法は?

用意するもの

    • あぶらとり紙(ティッシュでも可)
  • 日焼け止めの役割もあるパウダーファンデーション
  • 各ポイントメイク
  •  

    メイクを崩さずにファンデーションの上から

    1、汗や皮脂をあぶらとり紙やティッシュで拭き取る。

    2、日焼け止めを顔の数か所に置いてから、叩くように全体に伸ばしていく。

    3、まんべんなく塗れたら、ファンデーションで整える。

     

    少し時間がある時・海やプールで顔に水がかかったとき

    1、パフに日焼け止めを馴染ませる。

    2、パフでファンデーションを落とすように、日焼け止めを塗る。

    3、最後にファンデーションを塗って整える。

     

    どちらの方法も、仕上げのファンデーションにはSPF数値の高いファンデーションやパウダーを使用します。

    最後に、ポイントメイクの部分直しをして完成です。

     

    日焼け止めスプレーを使って簡単に

    1、ティッシュ、あぶらとり紙などで、汗や皮脂をしっかり拭き取る。

    2、メイクの上からスプレータイプの日焼け止めをひと吹きする。

    3、日焼け止めがムラにならないように、軽くタッピングする。

     

    これなら簡単に塗り直しができますね。

     

    アロベビー

    100%天然由来で、純国産の日焼け止め&虫よけ。
    SPF15で、配合成分が優しいので、赤ちゃんにも使えるというもの。

     

     

    日焼け止めの塗り直し 時間帯とタイミングは?

    紫外線の強い時間帯は、その日の天候にもよりますが、10時~14時です。
    この間に外に出る場合や室内でも窓際にいるなら、日焼け止めの塗り直しが必要です。

     

    夕方の帰宅時間帯はどうでしょう?

    職場から出る夕方は、日没直前で太陽が西に傾いている時間帯です。

    西日はまぶしく、真横から顔に直接紫外線を浴びせてきます。当然お肌は紫外線の影響を受け、ダメージを与えられてしまうでしょう。

     

    外出する前のタイミングは?

    日焼け止めは塗ってすぐよりも、塗って30分くらいたってからの方が、肌になじんできます。
    出かける時間も考えて、塗り直しましょう。

     

    スポンサードリンク

     

    日焼け止めの塗り直しの頻度は?

    夏は、見えなくても肌の表面には汗をかいています。汗で流れたり、ハンカチで拭ったりでメイクが落ちれば、日焼け止めの効果は半減します。

    デスクワークで、1日エアコンの効いた部屋にいる場合なら、お昼に1度塗り直す程度で十分。

    外出している時間が多い場合は、2、3時間おきに塗りなおした方がいいでしょう。

    海やプールなどアウトドアノレジャーでは、紫外線をたくさん浴びますし、汗をかいたり、水しぶきで日焼け止めも落ちやすいので、1時間に1回の塗り直しをおすすめします。

     

    まとめ

    5月頃から夏にかけて、紫外線のピークを迎えます。

    日焼け止めがちょっとでも落ちていたら、紫外線のダメージを受けてしまいます。

    時間がなくても、スプレータイプのもので、こまめに塗り直しましょう。

    敏感肌の場合の日焼け止め選びはこちら
     

    スポンサードリンク

      -   - 

    最近の投稿
    カテゴリー
    アーカイブ
    メタ情報
    最近のコメント