UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » ペット » 猫が真夏にお留守番 暑さ対策は?エアコンなしの方法とおすすめを紹介

猫が真夏にお留守番 暑さ対策は?エアコンなしの方法とおすすめを紹介

目安時間約 5分

寝ている

 

 

真夏になると部屋の中は蒸し風呂状態。

お部屋で猫ちゃんを飼っていて、昼間はお留守番をさせなければならない場合、暑さで熱中症にならないかが心配です。

そもそも、猫って暑さには強いのでしょうか?

では、猫が真夏にお留守番する場合の注意点を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

猫が真夏にお留守番 暑さ対策は?

猫はもともと、砂漠やジャングルといった環境で、生き延びてきた動物なので暑さには結構強く、猫によって多少違いますが、ぐでーっとしていますが、見た目ほどはへばっていないものです。

猫は、汗をかいて体温調節をすることができません。汗をかくのは肉球と鼻だけ。
そのため、熱いと涼しい所を見つけながら、体温調節する利口な子です。

しかし、真夏の昼間に部屋で閉じ込めていては、涼しい所がないかもしれません。
猫も熱中症になることがあります。

万が一、帰ってきて部屋が高温で、猫がぐったりしていた場合は?

ネコがあえぐような呼吸で、ネコの耳、股の内側を触って、非常に熱いと感じられたら熱中症かもしれません。
直接水をかけたり、濡らしたタオルを体に巻いたり、うちわや扇風機で風を当てえて冷やしたり、猫の体温を下げてあげて身体が冷えてきたら、獣医さんの診察を受けないといけません。

 

そんなことにならないように、真夏の昼間、長時間家を空ける場合は、エアコンをタイマーで除湿・ドライで28℃程度くらいにセットしてあげるのが一番安心な方法です。

猫の暑さ対策でエアコンなしの方法は?

安心なのはエアコンですが、電気代を考えると、毎日の事なのでどうもいきません。

エアコンなしでの暑さ対策は?

・直射日光が入る窓のカーテンを閉めておく。

・部屋の空気が流れるように防犯対策を施した小窓を2カ所以上開けておく。

・換気扇・扇風機を回しておく。

 

というように、もし気温が急激に上がった場合も、室内が高温にならない工夫をしなければいけません。

暑さ対策で重要なことは、「部屋の空気が循環していること」、「脱水症状にならないように水があること」です。

 

水分補給も暑い時期はいつも以上に必要となります。
いつでも新鮮な水を飲めるように水飲みの場所を増やす、今までと違う入れ物に水を入れてネコの興味を惹く、など工夫してみてください。

循環式給水器

 

そして、一部屋に閉じ込めておくのではなく、涼しいとことに移動できることも大切で、特にお風呂場と玄関は割と涼しい場所なので、出入りできるのが理想です。

スポンサードリンク

猫の暑さ対策のおすすめグッズを紹介

ペットひんやり大理石マット

電気も水も使わずに置いておくだけ。

 

 

ペットハウス オアシス 横置き型

凍らせた保冷剤を引き出しに入れて、涼しくなるペット専用の冷房室です。8時間以上、室内を涼しいままにしておけるので安心です。

 

まとめ

夏場、家に帰って来た時には、うんざりするような暑さがこもっています。
そんな中に、可愛い猫ちゃんをお留守番させるなんてできませんよね。

入れたくない部屋があるのは仕方ありません。
しかし、ひと部屋に閉じ込めて置くよりは、自分で涼しい所を見つけられるように、少し開放的にしておくのがいいのかと思います。

スポンサードリンク

  -    - ペット

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント