UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 夏の汗っかきの原因と対策!服の汗染みと汗の臭い対策はこれ!

夏の汗っかきの原因と対策!服の汗染みと汗の臭い対策はこれ!

目安時間約 7分

夏の町

 

 

夏になると、誰でも暑いので汗をかきます。

頭から汗びっしょりだったり、全身からの人もいれば、一部だけ汗っかきの人もいます。

汗をかくと匂いも気になるし、もう少し汗を抑えられないかと悩んでいることでしょう。

では、汗っかきの原因と対策について、さらには、汗染み対策と臭い対策についての情報を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

夏の汗っかきの原因と対策は?

汗っかきの原因は、ひとによって様々で、汗をかく場所も様々です。

代謝がいい・冷え性・肥満の他にも、精神的なことで多汗症の人もいます。

多汗症は、特に手のひら・ワキ・顔などに汗をかく人が多く、汗をかいていることへの恥ずかしさで緊張度が増してしまい、さらに汗をかいてしまいます。

このような症状の原因は、はっきり解明されていませんが、自律神経のなかの交感神経の反応が過敏なことがあげられます。

 

それなら、水分をなるべく取らなければいいと考えるかもしれません。

しかし、水分の取った取らないは、汗の量とは比例せず、尿としての排出が増えることの方が多いのです。

現に、緊張などの精神的なことで汗をかく場合は、口の中はカラカラなのに、汗はダラダラと出ていることが多くあります。

 

では、汗を抑える対策を見ていきましょう。

一部の場所をを冷やす

夏場に汗対策には、体温が上がるのを抑えるために、冷やすといい場所があります。

首やワキの下、太ももの付け根などのリンパ節のあるところで、特に顔からの汗が酷いときには、首の後ろを冷やすと効果的です。

夏場は、小さな保冷剤などを持ち歩いて、気になる時に冷やしてみるといいでしょう。

 

食生活を見直す

お肉が好きで、よく食べる人に汗っかきは多くいます。

お肉にはタンパク質が豊富に含まれていて、消化に大きなエネルギーを使うため汗をかきます。

多汗症の方にいい食べ物は、大豆などの豆類に含まれているイソフラボンです。イソフラボンには、発汗を抑え、汗をサラサラにする効果が期待できます。

 

運動不足を解消する

エアコンの効いた室内に年中いて運動不足な人は、汗をかく機会が少なくなっているため、汗腺が衰えてしまい全身ではなく、一部分だけ汗をかくようになってしまいます。

このように、全体的な汗の量は少ないのに、気になる部分の汗が目につき、汗っかきだと思っている人も多くいます。

このタイプの人は、運動をすることによって、全身の汗腺鍛え、全身で汗をかけるようにすると、局所の汗が気にならなくなるでしょう。

 

リラックスする

ストレスの多い社会では、自立神経の乱れによって多汗症になっている方が多くいます。

自律神経を整えるため、意図的にリラックスするように、ゆったりとした服装で横になったり、大きく深呼吸をしたりなどの時間を作るようにしましょう。

夏の汗染みの対策は?

汗脇パッド

汗染みで悩む場所はワキです。

わきの下がに汗をかき、汗染みができていると思うと、さらに汗が止まらなくなってしまい悪循環です。

汗染みの精神的不安を取り除いてあげることが大切です。

ア・セーヌ 汗脇パット 超薄型 ナチュラルベージュ

 

 

ワキ汗防止インナー

汗取リパッド」が付いたインナー。いろいろなタイプがあるので、好みのものを選んでみるといいでしょう。男性用もあります。

◆脇汗 インナー!◆[ワキサラパーフェクトAIR](汗取りインナー フレンチ袖 汗じみ 脇汗 インナー レディース 脇汗 パッド 脇汗パッド 汗取りインナー 汗じみ防止 汗じみ対策 脇 汗 汗取りパッド 汗取りインナー レディース)

 

 

スポンサードリンク

 

夏の汗の臭い対策は?

汗が最初から臭うワケではなく、時間が経って、その汗に皮脂や垢が混ざり雑菌が繁殖することで、体臭が徐々に発生してきます。

この汗の臭わせないためには?

汗の拭き方で防ぐ

汗をかき、雑菌が繁殖して体臭に変化するまでの時間は1~2時間程

臭くなる前に汗を拭き取ってあげることが、体臭を抑えることにつながりますが、この時乾いたタオルで汗を拭き取らないことが重要です。

乾いたタオルだと肌表面の汗を全て拭き取ってしまい、乾いた肌を潤すために、また汗が出てきます。

汗を拭き取る時はタオルを濡らし、固く絞った状態で使うといいでしょう。

 

デオドラントで防ぐ

制汗剤には、汗腺を塞いで汗の量を抑えるものと、汗の中の雑菌が繁殖しないようにするもの、両者を併せ持ったものがあります。

制汗剤の種類は、自分の体臭の強さによって選んだ方がいいのですが、あまり塗りすぎてしまうと、肌に必要な善玉菌までが殺菌されてしまい、臭いが強くなってしまうことがあるので注意が必要です。

 

ミョウバン水で防ぐ

水道水1.5リットルに、ミョウバン50gを混ぜたものを一晩おいておくだけ。

さらに10倍に薄めたものを汗が気になる部分にスプレーすれば、ミョウバンのイオンの力で汗を抑えてくれます。
また、消臭効果も高いので、臭い対策にも最適です。

まとめ

体の健康を保つためには、汗をくことは大切です。

汗を抑えることもいいですが、食生活や運動不足、ストレスといったことを改善し、全身からいい汗をかけるようにしていきましょうね。

すぐには難しいでしょうから、今回はこちらの汗対策を参考にしてください。

 

スポンサードリンク

  -    - 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント