UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 食べ物・飲み物 » 瓶のラベルをきれいにはがすには?剥がし方と保存の仕方は?

瓶のラベルをきれいにはがすには?剥がし方と保存の仕方は?

目安時間約 5分

日本酒

 

 

お酒を大事に飲まれる方は、思入れのあるお酒を飲んだ後に、記念に残しておきたいと思われるかもしれません。

1本、2本ならいいですが、数が増えてくると瓶ごと取っておくと場所を取ってしまいます。

ラベルだけを記念に残しておけるといいのですが、剥がすときに破れてしまいうので、なかなか上手くいきません。

では、上手に剥がす方法と、なかには頑固なものがいますので、そちらの対処法も紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

瓶のラベルをきれいに剥がすには?

まず最初に行う方法が、お風呂のお湯につけておくことです。

 

IMG_20170329_225923

 

家族のみんながお風呂を出た後に、記念に残したいお酒の瓶も入浴させます。そのままつけておくと、簡単なものは10分ほどで剥がれて、お風呂に浮いています。

1時間たっても剥がれる気配がない場合は、熱めのお湯をかけたり、別の容器に入れ熱湯を足し、浸けなおしてみましょう。

そのまま1日つけておけば、次の日には結構簡単に剥がれてしまいます。

もし勝手に剥がれて浮いていなくても、角からゆっくり剥がせば簡単に取ることができます。

IMG_20170329_230039

 

しかし、ラベルのノリが水溶性ではなくゴム系の粘着剤の場合や、表面がビニールやアルミ製で糊までお湯が浸透しない場合は、この方法ではなかなか難しいものがあります。

この先は、簡単には剝がれないので、根気と忍耐のいる作業になります。

瓶のラベルしつこい時の剥がし方は?

カッターを使う

一晩お湯につけても剥がれなかったもので、紙がお湯で弱くなっているものは、ラベルと瓶の間の糊を押し付けるようにして、少しずつ剥がしていきます。

なかなか、時間と根気のいる作業です。一気に行こうとはせず、1mmずつ丁寧に剥がしていきましょう。

 

ドライヤーを使う

ビニール製の場合や糊の種類によっては、ドライヤーで温めてあげる方法も効果的です。

カッターを入れたとき、べたつくようなら糊は熱で溶けるタイプが多いので、ドライヤーで熱風を吹きつけながら少しずつ引っ張ってみましょう。

ビニール製のラベルは、これが一番簡単ですが、温める過ぎると溶けることがあるので気を付けて。

剥がすときには、プラスチックのポイントカードやスクレーパーを使うとやりやすく、少しずつゆっくりとが基本です。

 

スポンサードリンク

 

瓶のラベル保存の仕方は?

きれいに簡単にラベルをコレクションする場合には、専用の「ラベルコレクター」を使いましょう。

こちらは、瓶から接着面も含めて全部はがす訳ではなく、粘着シートをラベルに貼って、ラベルの表層面だけ剥がすというもので、そのままきれいに保存が出来るので便利です。

 

 

 

 

まとめ

珍しいお酒でなくても、記念日などにお子さんやお孫さんにもらったお酒は、ラベルだけでも残しておきたいものです。

日本酒や焼酎は、割と簡単に剥がれるようですが、プレミアムがついているものは、偽造の防止のため剝がれにくくなっているようです。

紙の質感まで残したいのでなければ、専用のものを使って剥がす方法がいいかもしれません。

 

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント