UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 食べ物・飲み物 » 七夕とそうめんの関係 由来は?食べる意味と七夕レシピをを紹介

七夕とそうめんの関係 由来は?食べる意味と七夕レシピをを紹介

目安時間約 5分

七夕
 

七夕は、五節句の一つです。

桃の節句の3月3日には、菱餅やひなあられにちらし寿司、端午の節句の5月5日にはちまき柏餅を食べる習わしがあります。

では、7月7日の笹の節句には、何を食べるのでしょうか?

知らない方もいるかもしれませんが、七夕の日には「そうめん」を食べる習慣があるのです。

「七夕にそうめん?」と思われる方のために、いわれと食べる意味をまとめてみました。

七夕にちなんだレシピも紹介しますので、参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

七夕とそうめんの関係 由来は?

七夕とそうめんの関係は、古代中国までさかのぼります。

古代中国の帝の子供が、7月7日に熱病で亡くなり、その後にその熱病が流行りました。

そこで、その子が好きだった「索餅」(さくべい)という小麦粉料理のお菓子を供えて祀ったところ、熱病が収まったと言われています。

それから中国では、7月7日に索餅を食べれば、1年を無病息災で過ごせるといわれるようになったそうです。

それが、平安時代に宮中における七夕の行事に、そうめんが取り入れられるようになり、やがて、一般にも広まっていったされています。

七夕にそうめんを食べる意味は?

前述のように、もともとは中国の言い伝えから食べられるようになったと言われていますが、食べる意味は他にもあるのです。

1、江戸時代に、女性の多くが裁縫仕事に就いていて、細く長いそうめんを糸に見立て、裁縫の上達を祈願していた。

2、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立ている。

3、栄養が豊富なそうめんを食べて夏に向けて体力を付ける。

4、小麦の収穫を神様に報告する。

といった意味があり、全国乾麺協同組合連合会によって、7月7日は「七夕・そうめんの日」と定められていて、全国で七夕にはそうめんが大売出しされています。

 

スポンサードリンク

 

七夕にちなんだそうめんレシピを紹介

天の川そうめん

そうめんを天の川に見たて、星の形をした夏野菜「オクラ」の輪切りや、にんじん、きゅうりを星形に切り抜いたものを添えます。

さらに、笹を使って織姫と彦星としてハムやうずらの卵、かまぼこなどとデコレーションすれば、子供たちに喜ばれる「天の川そうめん」の完成

 

 

 

夏野菜としらすのそうめん

夏バテ気味の方に、そうめんでも栄養満点の七夕そうめんのご紹介!

材料(2人分)

そうめん   3束
きゅうり   1本
なす     1/2本
トマト    1/2個
オクラ    3本
ミョウガ   1個
シラス    適量
すだち    1/2個
麺つゆ    適量
ごま油    適量

作り方

1、きゅうりを小口切り、なすを薄い半月切りにし、麺つゆ大さじ2に和え、しぼって水分をきります。

2、オクラを塩ずりして、下茹でし1cm幅の輪切りにします。

3、ミョウガとトマトをお好みの大きさに切ったら、1と2とボールで混ぜ合わせます。

4、そうめんを茹で、冷水で洗い、水気を切る。

5、1~3の入ったボールに、麺つゆ(大さじ3)とごま油(小さじ1)を入れ、更に茹で上がったそうめんを入れ、良く和えます。

6、皿に盛り付け、シラスを散らし、カットしたスダチを飾れば完成。

 

まとめ

1年を無病息災で過ごせると言われのある「七夕のそうめん」。

7月7日は、暑くて食欲が落ちている時期かもしれません。

今年は、家族みんなで頂いて、健康を祈ってみるのもいいかもしれません。

七夕の笹の代わりになるものは?
 

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント