UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 季節行事 » 入谷の朝顔まつりの日程と混雑は?おすすめの時間帯と朝顔のお値段は?

入谷の朝顔まつりの日程と混雑は?おすすめの時間帯と朝顔のお値段は?

目安時間約 6分

朝顔

 

 

夏の風物詩となっている「朝顔」。

子供の頃、朝顔を育てて、観察日記を書いたのを思い出します。

今回は、江戸時代から伝わる日本最大の朝顔市「入谷朝顔まつり」について、詳しくまとめてみました。

日程や混雑具合、おすすめの時間帯や楽しみ方など、朝顔まつりに興味のある方のお役に立てればと思います。

 

スポンサードリンク

 

入谷朝顔まつりの日程と混雑具合はは?

入谷朝顔まつり

日程     毎年7月6日~7月8日までの3日間

開始時刻   午前5時

終了時間   午後11時

会場     入谷鬼子母神(真源寺)およびその周辺

住所     東京都台東区下谷1丁目12?16付近

問い合わせ  入谷朝顔実行委員会 電話番号 03-3841-1800

公式HP   http://www.asagao-maturi.com/

 

アクセス

電車
▼R鶯谷駅からは徒歩3分

▼東京メトロ日比谷線入谷駅からは徒歩1分


▼首都高速道路1号上野線の入谷出入口で降りて約3分

※開催期間中の17:00~21:30の間、開催エリア(青い場所)が車両通行止めの交通規制を実施します。

駐車場
開催期間中は、パーキング・メーター等の休止、駐車禁止規制(ピンクの場所)されるため、コインパーキングなど、一般駐車場を利用してください。

 

 

混雑は?

朝顔まつりは、毎年約40万人もの人が訪れる下町情緒溢れる夏のイベントで、メインの朝顔が咲く午前中は、朝顔が咲いている姿を見る方や、良い朝顔の株を選ぼうと、多くの方で賑わい混雑します。

 

入谷朝顔まつりおすすめの時間帯と楽しみ方はは?

朝顔まつりは、1日中開催されていて、昼間は朝顔も咲かず寂しいですが、夕方5時以降は歩行者天国になるので、縁日気分を味わうことができます。

朝と違って、ゆっくりとお店の人と話が出来るので、おすすめの朝顔が手に入ったり、育て方のアドバイスを聞いたりできるかもしれません。

また、朝顔の露店だけでなく、100軒ほどの屋台も開かれるので、そちらも楽しみです。

 

浴衣は?

7月だし浴衣で行くのは早いのではと思われる方もいると思いますが、朝顔まつりでは、毎年浴衣で訪れる方がたくさんいます。

入谷の下町情緒溢れる町並みと朝顔が、浴衣にぴったりはまります。

 

 

スポンサードリンク

 

入谷朝顔まつり 人気の種類と値段は?

人気の種類と育て方

種類によっては、10月ごろまで花を咲くせてくれるものもありますが、一番人気は「団十郎」で、濃い茶色の美しい花が咲くのが特徴です。

しかし、貴重な品種なので本物の団十郎は入手困難なようです。

朝顔を購入したら、朝は明るく、夜は暗いところに置きましょう。

逆に、朝日に当てなかったり、夜明うかったりだと、朝顔の体内時計がくるってしまうので、規則正しく育ててあげてください。

また、朝顔は夜露に当てると良く、水もいっぱい吸うので、真夏は朝晩2回ずつ、たっぷりの水をあげると、10月ごろまで頑張ってくれます。

 

値段は?

入谷の朝顔市のものは、青やピンクなどの3~4色の大輪の花が一つの鉢に咲くように寄せ植えされていて、ツルが鉢に立てられた支柱に巻き付けられたあんどん仕立てのものが主流です。

朝顔市では値段が一律料金となっています。
小さいものだと800円から、あんどん仕立てで一鉢2,000円からです。

 

また、ヤマト運輸、佐川急便、郵便局などの宅配業者が発送を受付するブースも設けられているので、荷物が多くなる場合は利用するといいですね。

1000円ほどで、専用の箱に入れ配送してくれます。

まとめ

朝顔は七夕と縁が深い花なので、七夕(7月7日)を挟んだ3日間が、朝顔市の開催日として選ばれています。

同じ期間に、上野から浅草にかけて「下町七夕まつり」が開催されているので、是非立ち寄ってみてください。

下町七夕まつりについてはこちら
 

スポンサードリンク

  -    - 季節行事

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント