UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 首の後ろの汗の臭い大丈夫?加齢臭の首対策は?洗濯しても落ちない時は?

首の後ろの汗の臭い大丈夫?加齢臭の首対策は?洗濯しても落ちない時は?

目安時間約 6分

30代になると、体にある異変を感じるようになってきます。

それが体臭です。

特に首から上の汗の臭いが変化してきます。

なかなか自分では分からないのようで、昨日着た服を手に取ったときに「あれ?おやじの臭いがする…。」と気が付けばいいのですが…。

あなたの首の後ろの汗の臭いは大丈夫ですか?

もし、加齢臭がしていたら、首周りに何らかの対策をした方がいいでしょう。

また、洗濯してもなかなか落ちないシャツの加齢臭対策もご覧ください。

スポンサードリンク

首の後ろの汗の臭い大丈夫?

臭いの原因は、汗と皮脂が関係していて、この二つが皮膚表面の常在菌によって分解され、臭いが混じり合うと悪臭となります。

特に30代~40台に多く、この臭いをミドル脂臭と呼びます。

また、年齢を重ねると抗酸化力が低下してくるので、体内の活性酸素が増え、これが体内の脂質を酸化させ、「過酸化脂質」を作ります。

一方で皮脂腺でもパルミトオレイン酸というものが発生しやすくなり、これが過酸化脂質と結びつくと、加齢臭の元である「ノネナール」を発生します。

つまり、皮脂腺がある場所から臭いが発生しやすいので、皮脂腺の多く、産毛も多くて老廃物が溜まりやすい「首筋・耳の後ろ」が臭いやすいのです。

しかし、独身の場合、誰かに聞くのも恥ずかしいので、一人でどうにかチェックする方法はないのでしょうか。

加齢臭とチェックするには?

1、耳の後ろをこすってみる

まず手っ取り早いのが、指でこすって嗅いでみることです。

加齢臭の元「ノネナール」の臭いは、ロウソク・古い本・ブルーチーズ・腐った油や魚のようだと言われています。

ただ、加齢臭は突然臭ってくるものではなく、徐々になので自分の臭いに順応してしまい、分からないかもしれません。

2、枕の臭い

首筋と頭も皮脂腺が多く、臭いが出やすい所なので、枕の臭いを嗅いでみましょう。

数日間使った枕の臭いを嗅げば、加齢臭のチェックができます。

3、タオルの臭い

洗いたてのタオルを用意し、入浴後に使用し、洗濯せずに乾かして、数日間使い続けます。

数日後、そのタオルの臭いを嗅いでみましょう。

4、シャツの汚れ

加齢臭がするようになると、シャツの首筋の汚れやすくなります。

シャツの首筋の汚れはなかなか落ちにくいので、だんだん目立ってくるので、目で見て気付くことができます。

少しでも異変を感じたら、加齢臭対策をしていきましょう。

加齢臭がしたら首での対策は?

まずはキレイ洗う

皮脂腺が多く、産毛の影響で老廃物が溜まりやすい首と耳の後ろ、しっかりと洗っていますか?

うっかり洗い忘れては大変、入浴の時に出来れば加齢臭用の石鹸や洗顔を使い、意識して髪の毛の生え際まで、しっかり洗いましょう。

毎朝のシャワーは効果的で、42℃くらいの少し熱めのシャワーを首の後ろや耳の後ろ、胸、背中などの皮脂が出やすいところに、30秒ほどかけ皮脂を洗い流します。

日中、1、2度デオドラントシートで拭くのも効果的です。

冬場は、お湯で温かくしたタオルで、首と耳の後ろ、胸や背中を拭いてあげましょう。

食生活の改善

洋食から和食中心で、肉類を控え、抗酸化作用のある食べ物を摂取しましょう。

味噌・納豆・豆腐・豆乳

大豆や大豆製品に豊富に含まれているイソフラボンは、脂肪酸の酸化を抑えるので、加齢臭対策にうってつけです。

ビタミンC
・野菜:ブロッコリー、ピーマン、小松菜、ほうれん草、ししとう、トマト
・果物:柑橘類、いちご、柿、キウィフルーツ

ビタミンE
・野菜:アボカド、アスパラガス、ほうれん草、かぼちゃ、さつまいも、にら、ほうれん草
・果物、ナッツ:ブルーベリー、プルーン、アーモンド
・魚:うなぎ、かれい、鮭、さんま

カロテン
・野菜:にんじん
・果物:あんず、マンゴー
・海藻:海苔、わかめ

飲み物で代謝を上げる

水分を多くとることで老廃物が排泄されやすくなり、特に緑茶のカテキンには、抗酸化作用が認められているので、加齢臭対策に効果が期待できます。

その他にも、サプリメントを利用したり、サウナを活用し新陳代謝を高めるなど、日常的に加齢臭を抑える工夫が大切です。

スポンサードリンク

加齢臭が洗濯しても落ちない時は?

加齢臭がするようになると、首筋が汚れやすくなりますが、これが洗濯してもなかなか落ちません。

加齢臭での汚れの元となる皮脂には脂肪分解酵素の「リパーゼ」という成分が入った洗剤が有効です。

体臭・加齢臭に効果的と宣伝している洗剤には、ほとんどリパーゼが入っているので、成分を確認して選びましょう。

しかし、洗剤だけでは完全には落とせません。

そこで、酸素系漂白剤を使います。

ぬるま湯に酸素系漂白剤を溶かし、30分~2時間程度浸け置きし、その後リパーゼが入った洗剤で、他の洗濯物といっしょに洗ってOK、加齢臭の臭いと汚れがキレイに落ちます。

まとめ

加齢臭は、年齢や生活習慣によりますが、運動不足やストレスなども原因になってきます。

「あれッ?」と思ったら、まずは、自分でチェックしてみてください。

ストレスや新陳代謝の面からも、シャワーだけでなく、バスタイムをゆっくり過ごすといいですよ。

スポンサードリンク

  -    - 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント