UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 去年の日焼け止めは使える?劣化の判断と古い日焼け止めの使い道は?

去年の日焼け止めは使える?劣化の判断と古い日焼け止めの使い道は?

目安時間約 7分

太陽

 

 

昔は、夏休みに子供は真っ黒に日焼けしていましたが、今では日焼け止めでお肌をケアしている方が一般的でしょう。

しかし、そのシーズンでは使い切れずに残っていしまい、そのまま翌年も使っている方もいるのでは…。

去年の使いかけの日焼け止めって大丈夫なのでしょうか?

使っちゃいけない状態ってどんな感じなのでしょう?

使える場合の保存方法やダメだった場合の使い道など、日焼け止め情報を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

去年の日焼け止めは使える?

日焼け止めには様々なタイプがあり、使用感で決めている人や塗る部位によって使い分けている方などいろいろです。

日焼け止めの消費期限は、メーカーによる使用期限の差はほとんどなく、種類と開封後か未開封によって変わってきます。

また、薬事法によって「通常の保管条件下で、3年以内に変質するもの」に対して使用期限の表示が義務づけられているので、表示のないものは未開封で正しく保管された場合の使用期限は3年間です。

 

それを踏まえて使用期限は?

・乳液、ジェルタイプ

未開封で3年、開封後は1年。

 

・スプレータイプ

アルミの容器に入った霧状に噴射するタイプの場合、使用期限は空気に触れないので開封しても使用期限は変わりません。

開封、未開封に関わらず3年。

 

・無添加タイプ

無添加タイプの日焼け止めは防腐剤や安定剤などの化学物質が添加されていないものが多く、そのため使用期限は短く、未開封で1年、開封後で6ヶ月。

無添加のものはメーカーごとに使用期限を設けているものもあるので、記載されている場合はその指示に従いましょう。

 

日焼け止め劣化の判断は?

未開封の場合3年、開封後は1年が基本的な使用期限ですが、日焼け止めの保存状態によって劣化することがあります。

日焼け止めは防腐剤が含まれていますが、乳液をベースにしているので空気に触れると酸化しやすい傾向にあります。

 

もし去年の日焼け止めを開けてみて、以下のような場合は劣化している証拠です。

・変色した(白い乳液が黄色っぽくなる)

・臭いが変化した

・分離した

・使用感が変わった(肌に乗せたときのもたつき、べたつき)

 

去年の日焼け止めを開けてみて、口の部分に黄色く変色した日焼け止めが固まっていたら酸化している証拠です。

また、変な臭いがしたり、分離していたら劣化している可能性があるので使用を取りやめましょう。

 

結論的には、自己判断になってしまうわけですが、開封済みでも見た目や臭いに問題がない場合や未開封の場合であっても、去年の日焼け止めは顔などの敏感な部分には塗らず、ボディ用として使うことをおすすめします。

 

ちなみに正しい使い方と保存方法は?

1、使用する前は手を清潔にする。

2、雑菌の繁殖と酸化を防ぐために、すぐ使い切れる少ない容量のものを選ぶ。

3、容器の口の周りに日焼け止めが残ったら、ティッシュで拭き取りキレイにする。

4、直射日光と高温多湿の場所を避ける。

 

これとは別に、冷蔵庫に入れて保存する方がいるようですが、冷蔵庫に入れても使用期限が伸びることはなく、出し入れの温度差や冷やす事での分離などで、品質を落とす可能性もあるのでやめておきましょう。

※ただし、無添加タイプのものの中には、冷蔵保存を推奨している製品もあるので、説明書きをチェックして正しく保存しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

古い日焼け止めの使い道は?

去年の日焼け止めを使わないと決めたら、別の使い方をしてみましょう。意外と使い道があるんですよ。

 

シルバー磨き

ツヤを出したいシルバー製品を磨くと、日焼け止めの中に入っている成分が研磨剤のような役割を果たし、サビやくすみを取ってくれます。

ただ、細かい石やデザインのあるものは、やめた方がいいです。

これと同じ効果で、軽いサビは取ることが出来るので、捨てる前に掃除で使い切ってしまいましょう。

 

ハサミの切れ味を戻す

テープやのりが付いて切れ味の悪くなったハサミの刃に、まんべんなく日焼け止めを塗り、ハサミを何回か開閉した後ティッシュなどで拭き取ると、ベタベタが取れ切れ味が戻ります。

大量に消費は出来ませんが、やってみてください。

 

ステッカー、シールをはがす

シールやテープの跡に日焼け止めを塗って、ティッシュかラップでパックします。

しばらく置いた後、タオルで拭き取ると日焼け止めのオイル成分が、粘着系の物質を剥がしやすくしてくれるのでキレイになります。

 

まとめ

劣化した日焼け止めは、最近の繁殖や酸化がかなり進んでいる状態で、これを無理に使用すると、肌がかぶれたりニキビや吹き出物の原因となります。

また、酸化が激しいものを肌に塗ってしまうと、肌の細胞が酸化して老化の原因にもつながります。

もったいないからと言わず、日焼け止めは1シーズンで使い切るようにしましょう。

 

敏感肌の方の日焼け止めの選び方!ポイントは成分?SPFとPA?

 

スポンサードリンク

  -    -  生活

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント