UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 季節行事 » 芋掘りの芋を美味しくすぐ食べるには?上手な保存方法と期間は?

芋掘りの芋を美味しくすぐ食べるには?上手な保存方法と期間は?

目安時間約 6分

芋掘り

 

 

幼稚園や保育園に通う子供たちのこの時期のお楽しみは「芋掘り遠足」です。

小さい頃は皆さんも経験したと思いますが、夢中で掘っているので、持って帰ってくるサツマイモは大量です。

掘ったその日から食べたいのですが、オススメされるのは10日ほど寝かせてから…。

掘りたてを美味しくすぐ食べることはできないのでしょうか?

大量のサツマイモの上手な保存方法と保存期間についても併せてご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

芋掘りの芋を美味しくすぐ食べるには?

掘りたてのサツマイモは、食べられないわけではないのですが、水分が多すぎるので甘みがないため、最低1週間は寝かせて置くことが必要です。

しかし、調理の仕方によっては、掘ったその日でも美味しく食べることが出来ます。

焼き芋や天ぷらは、甘くなってからにしましょう。

 

1、大学芋

揚げ焼きにした後、砂糖・水・ほんの少しのしょう油で絡めて甘みを出す。

 

2、さつまいもチップス

薄切りにしたサツマイモを揚げて塩を軽く振れば、ポテトチップスとして美味しく食べることが出来、お父さんのおつまみにも最適です。
 

 

 

3、さつまいもアイス

茹でてマッシュしたサツマイモに、生クリームを少量加え、クッキングカッターで滑らかにします。

これを半解凍したバニラアイスと練り合わせて、再度冷凍するだけ。

 

4、オレンジジュース煮

サツマイモ1.5cmほどの厚さの輪切りにして水にさらします。

水から茹でて茹でこぼし、さっと洗ってから鍋に戻し、果汁100%オレンジジュース(ひたひた)と砂糖を加え、煮汁がなくなるまで煮詰めれば完成です。

砂糖の量は、オレンジジュース150cc あたり大さじ1/2。

 

芋掘りの芋の上手な保存方法は?

芋掘り後に洗うのはOK?

芋掘りのサツマイモは、スーパーで売っているものとは違い、土がついたままの状態です。

何も知らないと、すぐに水で洗ってしまいがちですが、逆に腐りやすくなってしまうので、土がついたままで保存しましょう。

 

サツマイモの保存方法

1、サツマイモをしっかり乾燥させる

土の付いたサツマイモを新聞紙の上に並べ、湿気の少なく、日の当たる場所に置き、3日ほどかけてしっかりと乾燥させます。

 

2、新聞紙に包む

乾燥したサツマイモの土を少し落とし、新聞紙で1個1個ふんわりと丁寧に包んでいきます。

 

3、段ボールに入れる

ダンボールの底に、タオルや布を敷き、その上に新聞紙も敷きます。

新聞紙で包んだサツマイモを、空気が通りしやすいように、縦の向きにして入れて保存します。

 

4、13℃~15℃で保存する

18℃を超えてしまうと発芽してしまい、10℃以下になるとカビが生えやすくなるので、13℃~15℃が最適ですが、最低現11℃~17℃をキープできる場所で保存しましょう。

1日のうちで温度差があまりなく、家の中では割と湿度が高めで暗い、床下収納や軒下、廊下の隅や玄関などいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

さつま芋の保存期間は?

サツマイモの保存できる期間は、温度によって変わってきます。

【11℃~17℃】

適温状態の場合2~3ヶ月保存することが出来、熟成されていきます。

 

【5~10℃】

短時間なら大丈夫。

 

【18℃以上】

発芽してしまいます。

 

【5℃以下】

日持ちしませんので、冷蔵庫に入れないでください。

 

さつまいもは腐るとどうなる?

・酸っぱい匂い、酸味

・カビが生えてくる

・黒く変色してくる

・異常なベトつき

・柔らかくなる

 

このような状態になってしまったら、食べない方がいいでしょう。

ところどころの黒い変色は切り落として、色の変わっていない部分だけは食べることが出来ます。

まとめ

もし、既に水で洗ってしまっている場合は、水気をよく拭いて表面を乾燥させてから、から新聞紙で包み、日の当たらない風通しのいい場所で保管してください。

保存に最適な温度は、13℃から15℃。

長期間、美味しくいただけるといいですね。
さつまいもって体にいいの?美容と健康効果は?選び方と食べ方も紹介

 

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント