UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 食べ物・飲み物 » コーヒー飲み過ぎのデメリット!カフェイン中毒にならない一日の適量は?

コーヒー飲み過ぎのデメリット!カフェイン中毒にならない一日の適量は?

目安時間約 5分

仕事の合間にコーヒーブレイク。美味しいスイーツとコーヒーの組み合わせ。
ハンバーガーにアイスコーヒーという感じで、好きな方は、一日何杯もコーヒーを飲んでいます。

確かに、仕事で疲れれた時のコーヒーは、リラッックスできますし、その後は作業の効率も上がります。甘いスイーツには、苦めのコーヒーがよく合います。

しかし、中には何時間も寝付けないとか、夜中に何度も目が覚めるといった症状をうったえる方がいます。こういった症状はコーヒーの飲み過ぎが原因なのでしょうか?

スポンサードリンク

コーヒー飲み過ぎのデメリット!

コーヒーの飲み過ぎと言っても、体調不良の原因はカフェインです。カフェインは緑茶や紅茶の方が、コーヒーより多く含んでいます。しかし、緑茶や紅茶は渋み成分のタンニンを含んでいて、そのタンニンがカフェインと結びつくので、同じ量を摂取してもコーヒーよりカフェインの効果が和らぐのです。

コーヒーによってカフェインを過剰摂取しているといくつかデメリットが生じます。それが、こちらです。

    •  胃痛

    カフェインには胃液の分泌を促すので、胃が荒れてしまうことがあるので、空腹時のコーヒーの摂取は避けた方がいいですね。

    •  貧血

    カフェインは鉄分や亜鉛などのミネラルの吸収を邪魔します。貧血気味の方は気を付けた方がいいでしょう。

    •  睡眠

    カフェインの覚醒効果で、体は一種の興奮状態になり、眠りにつきにくくなり、睡眠の質が低下することがあります。

    •  自律神経

    摂取し続けることによって、交感神経が刺激され心拍数の増加や血圧の上昇が日常的に起こり、身体は興奮状態となってしまいます。そうすると自律神経の乱れとなり
    だるさや頭痛、目眩といった症状が起こります。

    •  脳内の変化

    人の脳内では「アデノシン」と「アデノシン受容体」と呼ばれる2つの物質がくっつくことで、人は“疲労”を感じますが、カフェインを摂取すると血液に乗って脳に来たカフェインがアデノシン受容体と結合してしまうので疲れを感じにくくなります。

    コーヒーを飲むと眠気が覚め、スッキリするのはこのためですが、これが繰り返されると、少量のカフェインでは脳への働きが弱くなってしまい疲れを解消できなくなります。そうなるとカフェインの量が増えていくのです。

ここまで至ると、慢性的なカフェイン中毒となっている可能性があります。

スポンサードリンク

カフェイン中毒とは?

カフェイン中毒とはどういったものなのでしょう?
カフェインもアルコールと同様に飲み続けていると中毒になり、イライラしたり、睡眠障害、吐き気といった軽度の中毒症状が出てきます。さらに重症化すると、不整脈、血圧降下、嘔吐、吐血、呼吸困難、痙攣などが現れます。

カフェイン依存症になると、カフェインなしでは体に不調が起こります。

カフェインを摂らないでいると

頭痛
倦怠感
不安感や気分の落ち込み
吐き気
集中力の欠如
眠気
といった症状がある場合、摂取を控えた方がよいでしょう。

また、短時間に大量のカフェインを摂取によって、急性中毒を起こす場合がありますので注意が必要です。

コーヒーの一日の適量は?

1日のカフェイン摂取量の上限は成人で400mgとなっています。コーヒーのカフェイン含有量は100ml当たり約60mgです。マグカップ3~4杯ということになります。

思っていたより、かなり少ないことになりますね。

まとめ

コーヒーには、眠気覚ましや気分転換に有効な一方で、体調不良を引き起こすこともあります。カフェインを適量摂取した際のメリットと過剰摂取のデメリットを
しっかりと理解して、上手く付き合ってください。カフェイン依存症にならないように。

今は、様々なカフェインレスコーヒーがが販売されていますので、もうすでに、あやしい方は「断カフェイン」しましょう。

 
コーヒー豆のかすの再利用はこちら

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント