UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 掃除・洗濯 » 部屋干しの匂い対策は部屋用物干しと扇風機!最後はアルコール

部屋干しの匂い対策は部屋用物干しと扇風機!最後はアルコール

目安時間約 5分

私は洗濯が大の苦手。いつも、洗濯物をため込んでしまい休みの日に一気に片づけなければいけません。

その日が晴れてくれればいいですが、そうもいきません。仕方がないので、100均で買った部屋干しアイテムで、部屋のいろんなところに、洗濯物を干し行きます。

そうすると、なかなか乾かずに、いつしか生乾きの匂いが…。とくに、バスタオルが酷いですよね。臭くなってしまったら、使えないのでまた洗い直しする羽目にさらに、洗濯が嫌いになっていきます。何とかしないといけません。

スポンサードリンク

部屋干しの匂いの対策

部屋干しの匂いの原因が、洗濯槽の汚れにあると知った私は早速、匂いの元となる汚れを落とそうと、洗濯槽クリーナーを使ってみました。

確かに、洗濯槽は少し綺麗になったようですが、期待したほどの効果はありませんでした。

生乾きの匂いって、汗かいたときに余計臭くなるので、体が匂ってるみたいで、とても不快ですよね。次の対策を考えなくてはいけません。

部屋用物干しと扇風機で

部屋干しの匂いの原因をさらに詳しく調べると、洗濯物に残った汚れの中のタンパク質や脂肪が分解、酸化することによってだそうです。

部屋干しした場合は、乾くまでに時間がかかるので、洗濯物が濡れている時間が長くなって、分解、酸化した汚れを栄養にして、雑菌が増加し臭いを発生します。また、直射日光よる殺菌効果がないことも、原因ですが。

そういうことなので、雑菌が繁殖する前に、早く乾かせば、臭いもしなくなると考え、扇風機で風を当てながら乾かすことにしました。しかし、洗濯物は部屋のいろんなところに、干してあります。何とかまとめて干したいと、部屋用の物干し(折り畳み式)を購入しました。

それと同時に、展示品処分で安くなっていたサーキュレーターも手に入れました。この二つで、今度こそ大丈夫だと思っていました。そして結果は、何とも言えない微妙なものでした。

解決したかに見えましたが、バスタオルは強敵で、かすかにですが、臭いを残していました。でも、これで風呂上りに体を拭いたら大変なことに。

スポンサードリンク

アルコールスプレーが最強だった?

部屋用の物干しとサーキュレーターで、空いていた一室は、すっかり洗濯部屋になってしまいました。それでも、生乾きの匂いとの戦いは、終わっていません。更なる調査をしていくと、全ての原因は私にあるようだと分かりました。

なぜなら、

    • 洗濯物を洗濯機の中に溜める
    洗濯物を常に溜めてしまう私は、服を脱いだら、そのまま洗濯機に放り込んで何日も入れていました。

    服には、体の汚れがついていて、それが湿ったタオルと交わると、洗濯機の中で菌が増殖してしまうのです。そして、発生した匂いが服に染み付いて、洗濯しても取れづらくなっていたのです。

    せめて、通気性の良いカゴなどに、洗い物を入れておけば良かったのです。

    • 詰め込み過ぎて洗っていた
    ため込んでいたので、洗う回数を減らそうと、洗濯機に詰め込んで洗うと、汚れが落ちないどころか、落ちない汚れに雑菌が繁殖してしまうのです。
    • 干す量が多い
    洗ったものが多いので、当然干す場所が狭くなってきます。干す間隔が狭いと洗濯物は乾きにくくなってしまいます。
このように、私がしていたことが、全て良くなかったのです。そんな臭い洗濯物ですが、臭いをなくしてくる優れものがあるのです。それが、アルコールスプレーです。今後、また私が同じ過ちを犯して、バスタオルを臭くしてしまっても、こいつを「シュシュッ」とかけて、天気の良い日に干せば匂いが消えるのです。

また、アルコールスプレーをしてから干しても効果があります。アルコールで、匂いの元になる雑菌をやっつけてしまえば安心です。これ、なるべくアルコール純度が高いものが効果的です。

まとめ

何とか、生乾きの匂いを攻略することができました。
これからは、洗濯物はこまめに洗うようにしなければと思っています。

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント