UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » お正月 » お正月太りはオチョダイエットで解消!さらに成長ホルモンでリセット

お正月太りはオチョダイエットで解消!さらに成長ホルモンでリセット

目安時間約 9分

おせちやお雑煮にお酒などで、お正月っていっぱいカロリーを摂ってしまいます。

寒いし出かけたところで、何処も混雑していると思うと、ついつい、あったかい家の中でゴロゴロしてしまうことも。

そんなことをしていると、休みも終わるころにはしっかりと太っています。そんな正月太りを解消する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

お正月太りにはオチョダイエット

テレビで紹介され、最近話題のオチョダイエットのご紹介です。お正月の料理とお酒と運動不足で、ついてしまったお腹周りのお肉を落とすのに最適です。

「オチョ」とはスペイン語で「8」の意味で、腰を8の字にくねらせて、腰をシェイプアップするものです。
テレビでは食事制限をしないで行っていましたが、散々食べたので、ある程度は制限した方がいいですよね。日常のちょっとした時間にできるので、テレビを見ながらや
仕事の休憩中にも出来るので、ぜひやってみてください。

ではレッツオチョ!

1、足を肩幅に開いて立ち、お腹とお尻に力を入れます。このと頭を上から引っ張られているイメージで立ちましょう。

2、腰を左前に突き出したら、後ろに回していきます。

3、次に腰を右に突き出し、後ろに回し、腰で8の字が描くような動きをします。

4、8の字を8回まわすのを1セットとして、8セット行います。お腹とお尻に力が入っているので、インナーマッスルがきつくなってくるはずです。

効果のほどは?
8の字に腰を回すことで、歪んだ骨盤を矯正することが出来るので、痩せやすい体になると同時に、内臓の位置が上がり弛んだお腹が引っ込みます。インナーマッスルを鍛えられるので、内臓脂肪を効率よく落とすことが考えられます。

ではもう一つ、下半身を鍛えて基礎代謝を上げるオチョを紹介します。

1、足を肩幅より少し広めに開いて立ち、お腹とお尻に力を入れます。この時も、頭は上から引っ張られているイメージで立ちます。

2、お尻を意識しながら、お尻を使って左上に背伸びしていきます。

3、ふくらはぎを使って、じわじわと左足のかかとを下していきます。

4、最初に戻って、今度はお尻を使って右上に背伸びをします。

5、ふくらはぎを使って、ゆっくりと右のかかとを下していきます。

6、おへそで8の字が描くようにし、8回まわしを1セットします。

下半身のオチョは、結構きついので自分に合ったセット数で行ってください。今人気のオチョダイエットいかがですか?

次に、オチョダイエットと同時に行っていただきたいダイエット法があります。

お正月太りを解消させる成長ホルモン

成長ホルモンも最近研究が進み、若返りホルモンとして有名ですが、この成長ホルモンが、脂肪を分解し痩せる効果が期待できると分かってきました。しかも、成長ホルモンは寝ている間に分泌されるので、最大限に効果を発揮できれば、寝ているだけで300kcalも消費できるといいます。

ではどうすれば成長ホルモンを最大限に分泌できるのでしょう?
成長ホルモンが活発になるのは22時から3時の間です。睡眠にはいって30分後が最大に分泌され、3時間後まででその後は分泌されません。この間に質の良い睡眠と取る必要があります。

お酒を飲んで寝ると、交感神経が刺激されるので質の良い睡眠がとれませんし、肝臓が弱っていたり、アルコールの分解に使われると、肝臓そのものの機能が低下するため、成長ホルモンの分泌が阻害されます。また、寝る直前に食事をして血糖値が高いまま寝てしまうと、それがたとえ分泌タイムだとしても十分な量の成長ホルモンは分泌されづらいのです。

スポンサードリンク

逆に寝る時間が多少遅くなったとしても、食べたものを胃腸でしっかり消化し、お風呂にゆっくり入って血糖値を下げてから寝るようにしましょう。最後の食事をしてから寝るまでの間は2~3時間空けておくのが理想です。

ということは、お腹いっぱいで寝てしまったり、夜更かしをしたり、お酒を飲んだりといったお正月の生活は、成長ホルモンの分泌を下げてしまうということですね。

お正月太りをリセットする成長ホルモンの分泌法

寝ているだけで、分泌する成長ホルモンですが、他にも方法があります。

トレーニング

筋トレを行うと乳酸がたまり筋肉が壊れます。壊れた筋肉を修復しようとして成長ホルモンが分泌されるのです。成長ホルモンを多く分泌させるための筋トレのコツは、呼吸を止めないこと、ゆっくりとした動きを心がけること、関節を伸ばしきらないことです。負荷の重いトレーニングをすればするほど、成長ホルモンは分泌されると
いうことなのですが、そんなことが出来れば太っている訳がないので…

おすすめはスロートレーニング、略してスロトレです

スロトレはゆっくり動作することで筋肉へ持続的な緊張を作り、血流を抑制し続けることで乳酸が筋肉にたまりハードなトレーニングをしたと錯覚させることができるのです。スロトレによる成長ホルモンの分泌量は思春期の分泌量に匹敵するといいます。

スロトレ最大効果のポイントは

1、フォーム

2、スロー

3、ノンロック

ノンロックというのは筋肉に負荷を与え続け、筋肉の緊張を緩めないことです。腹筋でいうと下で背中ついて休まないってことです。このポイントで筋肉に強い負荷が加わっていると錯覚させて、筋肉を成長させることができるのです。

基本リズムは1,2,3で動き4で止まって5,6,7で戻るです

成長ホルモンを分泌しまくり、体引き締まりのメニューがこちら。
ニートゥチェスト

1、床に足を延ばして座り、手を体の横に置き足をちょっとだけ上げる。

2、ゆっくり膝を曲げ胸に近づける。

3、ゆっくり1に戻る。

これを10回やってみました。いい感じにきます。

スクワット

1、脚を肩幅に開き、腕を体の前でクロスさせる。

2、お尻を後ろに突き出しながら、ゆっくりと下す。ひざはつま先よりも前に出ないように。

3、太ももと床が平行になるまで下したら、1秒静止する。ゆっくりと立ち上がり、ひざを伸ばし切る手前で(2)の動作に移る

1回10分くらいのトレーニングを週2、3回行うだけでで充分に効果がでますので、オチョダイエットは毎日行うとして、スロトレも取り入れみてください。

お腹が空いてからご飯を食べる

当たり前の事のように思えますが、これがポイントです。空腹のピークの時に成長ホルモンの分泌が促されるので、間食をして常にお腹が空いていない人は、起きている間は成長ホルモンの分泌がされません。そのために1日1食しか食べない人もいます。

食べ物でも成長ホルモンの分泌がされやすくなるものがアミノ酸です。特にアルギニンというアミノ酸がよくて、納豆、えび、シラス、鶏肉、卵、鰹節、落花生、きな粉に多く含まれています。

お風呂

成長ホルモンは熱めのお湯に入って、脳が少しストレスを感じたときにも分泌されます。

まとめ

お正月太りはこの方法で解消しましょう。また成長ホルモンは、若返りの効果が期待できますので、ずっと続けてみてもいいですね。
他にはこちら、炭酸水ダイエット

スポンサードリンク
  - お正月

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント