UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 季節行事 » 恵方巻の定義は?代わりに手巻き寿司では?おすすめ具材も紹介

恵方巻の定義は?代わりに手巻き寿司では?おすすめ具材も紹介

目安時間約 6分

節分と言えば、恵方巻といわれるくらい全行的に広まっています。日本全国で3000万本も販売されているので、4人にひとりが食べているということになるわけです。子供の頃にはなかった気がしますが…。
そんな恵方巻ですが、中には苦手という方もいる(というよりは太巻きが苦手)と思います。そんな私もその一人。ひとりのわがままで恵方巻をしないわけにいかないので参加するわけです。

それでも、丸ごと食べる恵方巻は子供やお年寄りにも大変なのでは?何か代わりのものはないのでしょうか?まずは恵方巻について考えてみましょう。

スポンサードリンク

恵方巻の定義は?

恵方巻きのルーツ
大阪の花街で商売繁盛を祈って行われるようになり、当時は「丸かぶり寿司」、「太巻き寿司」とよばれていて、七福神にちなんで7つの具を入れたものでした。

全国的になったのは?

コンビニエンスストアの広報活動によるもので、1983年にファミリーマートが大阪・兵庫で販売したのがきっかけで、その後1998年にはセブンイレブンが、全国エリアで販売するようになり急速に普及しました。

恵方巻の代わりに手巻き寿司は?

つまりは、縁起がいいと言われる巻き寿司を節分に食べて、幸せを祈るという大阪を中心とした風習ということなので、食べ方や方角をしっかりとすれば子供が大好きな「手巻き寿司」でもいいという解釈になります。

食べ方は?

1、1人1本ずつ手巻き寿司を用意する。
恵方巻は一本丸ごといただくので切り分けたりしない。七福神を見立てた7つの具材を巻き込んでいるので、切ってしまっては「福を切る」ことになってしまう。このルールも手巻き寿司なら問題ありません。ただ7つの具材を巻かなければいけないので欲張らず、少しずつにしてください。

2、恵方を向いて食べる。
恵方の方角には歳の神様がいるので、向かってお願い事をします。神様はその年の干支によって方角が変わります。

3、食べている途中に喋ったりしない。
食べている途中に口を開くと福が逃げてしまう。

 
以上のことを守れば手巻き寿司が恵方巻の代わりになります。バレンタインデーのチョコーレト業界ように、恵方巻を買ってコンビニやお寿司屋さんの売り上げに貢献することもないですね。恵方巻って結構お高いですから…。では7つの具材をまいていくにあたり子供たちの好きな具材をご紹介します。

子供が好きな手巻き寿司ランキング

弟1位:ツナマヨネーズ (誰からも愛される定番)
弟2位:サーモン (女性にも人気)
弟3位:ネギトロ (お年寄りも食べやすい)
弟4位:肉そぼろ (醤油や砂糖、酒等で味付けしたもの)
弟5位:卵焼き (甘めでも辛めでも合います)
弟6位:きゅうり (他の具材に相性抜群)
弟7位:ウインナー (巻きやすいように縦に切って)
弟8位:焼き肉 (レタスやキムチと一緒に巻いても)
弟9位:かにかま (ちょっと高級なものならまさにカニ)
弟10位:納豆 (ひきわりがおすすめ)
 
他にもいろいろありますので、最低7つは用意してください。

スポンサードリンク

手巻き寿司のおすすめ

恵方巻として7つの具を入れて食べるのは最初だけ。その後のおいしい食べ方をご紹介します。
ネギトロとたくわんを一緒に巻いたトロたく巻きは、相性抜群で上からごまをかけるとおいしいです。

アボカドの半分は細かく切って、もう半分をざるなどで、裏ごししたものとエビやマグロも1cm角くらいに切ったものを混ぜて、ワサビ、醤油、マヨネーズで味を付ける。半分裏ごしすることで全体がまとまった味になります。アグロとエビとアボカドのタルタル。

スモークサーモンにオニオンスライスとクリームチーズを加えると最高です。

クリームチーズにおかかと大葉もいいですね。

タマネギのみじん切りにマヨネーズと生クリーム(少し泡立てたもの)を合わせ、醤油少々で味付け。ツナやコーン・カニ缶と合わせるとクリーミーでおいしい。

スパムやコンビーフなんかもいいですが、個人的には山芋の短冊切りやオクラ・かいわれ大根といった野菜たっぷりの手巻き寿司がいいですね。

まとめ

やはり、恵方巻は子供の頃には広まっていなかったと言えます。恵方巻が好きな方は、この節分に手巻き寿司をする必要はありません。私のように太巻きがあまり得意でない方は手巻き寿司を食べながら願い事をしてみてください。

恵方巻を人数分買うと結構なお値段になります。その分をネタにすればかなり豪華な手巻き寿司が出来るのではないかと思います。
ちなみに恵方巻に合うおかず情報はこちら

スポンサードリンク
  - 季節行事

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント