UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 食べ物・飲み物 » 柿の栄養と効果は?二日酔いを防止、解消できるの?

柿の栄養と効果は?二日酔いを防止、解消できるの?

目安時間約 6分

食欲の秋、到来。

秋と言えば、松茸、秋刀魚、栗、サツマイモ、ナス、などおいしい旬の食材がいろいろあります。
今回取り上げるのは、柿です。

この時期、毎日のように召し上がる方もいれば田舎の方では庭で取れたものをいただくこともあります。

しかし、食わず嫌いしている方子供のころ食べて食感がいまいちで食べなくなったという方結構いるんじゃないでしょうか?また、買ってまでは食べないという方も。

ところが、柿の栄養と効果は「柿が赤くなれば、医者は青くなる」と言われるほどの健康食材なのです。
では、柿のパワーを紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

実はすごい!柿の栄養

柿はビタミンCが非常に豊富で果物ではトップクラス。大きめの柿1個で、1日に必要とされる量が取れてしまいます。

また、果物にはあまりない、ビタミンAが多く含まれ干し柿にすると2倍になります。

干し柿の場合、ビタミンCは失われてしまいます。

柿と言えば渋い。この渋み成分がタンニンです。

そして柿のあざやかなオレンジ色は、カロチンが多く含まれているからです。

さらに、ペクチンカリウムなども含まれます。

柿の栄養効果は?

それでは、栄養の効果はいかほどか?

  • ビタミンC
  • お肌のシミ、そばかすに効果があると言われ、若々しいハリをもたらし、しわ、たるみなどの美肌対策にも期待ができます。
    柿の葉は、これまたビタミンCが豊富。柿の葉のビタミンCはプロビタミンCといって熱にも強いので加熱してもビタミンCが壊れません。
    柿の葉のお茶はビタミンCが緑茶の約20倍、レモンの10~20倍!肌荒れや便秘に効果が期待され、美白・美肌にと女性には嬉しい健康茶です。

  • ビタミンA
  • 皮膚や粘膜を強化し、抵抗力を高める言われ、風邪の引きにくい体になると期待されます。

  • タンニン
  • タンニンは、ポリフェノールの一種で、血液中にある毒素や悪玉菌を減らし、血液の流れをよくする働きがあるので、体全体の新陳代謝がよくなると考えられています。
    ポリフェノールはワインで有名ですが、柿にはぶどうの5倍も含まれています。

  • ペクチン
  • 食物繊維のことで、コレステロールの吸収を抑制するので、ダイエット中の方は是非おためしを。特に干し柿には、含有量が豊富で便秘になりにくいのですが、カロリーが高いので、食べ過ぎんは、注意してください。

  • カリウム
  • 余分な塩分を排出する働きがあるので、利尿作用が高まりむくみ気味の方におすすめ。

  • 番外編
  • 柿渋は外用薬としても利用されています。柿渋エキスは渋柿の熟していないものから作り、昔からさまざまな用途で使っています。打ち身ややけど、かぶれ、しもやけなどは患部に柿渋を塗って利用します。

柿渋は足の臭いにも効く?

スポンサードリンク

柿を食べると二日酔いが治る?

柿は、昔から二日酔いの時に食べるといい言われていますが、本当でしょうか?

柿には、カタラーゼという酵素があります。カタラーゼは、アルコールをアセトアルデヒドに分解する働きを持っています。アセトアルデヒドは有害な物質で、二日酔いの元凶となります。これでは、二日酔いは解消しません。
次に働くのはタンニンです。この、タンニンがアセトアルデヒドと結びつて体外への排出を促します。
このように、柿は二日酔いの時に食べるのに適した果物です。

  
さらには、肝臓のに力を与えるアミノ酸のシスチン利尿効果があるカリウムが肝臓の負担を減らしくれます。また、水溶性植物繊維のペクチンがアルコールの吸収を抑制する働きがあります。

二日酔いになった後でもいいのですが、できれば飲酒前や、飲酒の最中に食べるほうが効果的です。

まとめ

柿には様々な効果がありますが、食べすぎると、かえって弊害を及ぼすことがあるので注意しましょう。

たくさん食べると体を冷やすこともあります。とくに空腹時に多食すると、消化不良をおこしたり、便秘の原因になったりします。1日に1、2個が適量ですね。食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント