UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 疲労回復にピッタリな食べ物は?納豆とクルミを食べて最後はストレッチ

疲労回復にピッタリな食べ物は?納豆とクルミを食べて最後はストレッチ

目安時間約 6分

「疲れた~…。」が口癖になっていませんか?
疲れって何でしょう?疲れは睡眠不足や人間関係の問題などのストレスが、身体や心にかかってきた負担の結果です。「疲れた」という感覚がないと、休むことなく働き続け、過労で倒れてしまいます。疲れは、体の警報です。
そんな疲れを取りやすくするのに、ピッタリの方法は何なのでしょう?

スポンサードリンク

疲労回復にピッタリな食べ物は?

冒頭でも述べたように、疲労とは痛み・発熱と並んで、身体の3大アラームと言われ、健康を維持するための重要な信号の一つです。
症状としては、「休憩や睡眠をしっかりとっても回復しない」、「朝起きたときからすでにクタクタ」、と人によって様々ですが、疲労は誰でも経験するものです。それゆえ、軽く見られがちで、疲れているのはみんな同じと、働きづめになることも。しかし、その疲労が重大な病気に発展することもあり得ます。

疲労回復の食べ物を知るうえで、栄養素から考えてみましょう。
ビタミンC
ビタミンCは万能の栄養素と言われています。体がだるくなったり、朝起きたらグッタリというとき、また精神面で不安や悩みが積み重なったりといった時に、実は不足しているのが、ビタミンCかもしれません。
例えば、毎日の残業や上司や取引先へ気を遣い過ぎていると、ストレスが溜まります。それが、活性酸素を誘発し、体の細胞が次から次へと侵されていくのです。活性酸素をやつけるのが、ビタミンCです。

ビタミンCは体内で作り出すことが出来ないうえ、水溶性で水に溶けやすく熱や光に弱いので、調理するとすぐに失われてしまうのが特徴です。疲労回復に効果が期待できるので、効率よく摂取したいものです。ビタミンC豊富な食材をご紹介します。

  • 赤ピーマン
  • 黄色ピーマンをさらに熟成させて収穫したピーマン。和食や中華など様々な料理に使える食材なので、ビタミンCを摂るためには1番選び安い食材です。

  • 黄色ピーマン
  • パプリカと混同されがちですが、実は別のもの。同じナス科のトウガラシ属ですが、品種が異なります。普段よく目にする緑色のピーマンが熟成したものです。

  • く柿
  • 「柿が赤くなれば 医者が青くなる」と言われるほど栄養豊富な柿。カリウムも多く含まれているので、二日酔いにも効果があります。お酒を飲む方にはぴったりな食材です。

柿の効果はこちら

スポンサードリンク

疲労回復には納豆とクルミが効く?

納豆
納豆の主成分は大豆で、ビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は疲労回復に効果が期待できるとして、豚肉などに多く含まれることで有名です。
このビタミンB1を毎日しっかり摂取をすることが体の疲労回復につながります。体が疲れやすい、だるいことが多い、という方は是非、毎日の食生活に納豆を取り入れてみてください。
また納豆には、食物繊維が多く含まれ、町内の環境を整えてくれ便秘の方にはもってこいです。便秘改善により、余分な老廃物が排出され、肌荒れの防止やダイエットに効果が期待できます。さらに、納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素があり、血液をサラサラにするというのが有名です。

納豆を食べる量とタイミング
1日に2パック食べれば、イソフラボンの一日の摂取目安量もとれますし、ナットウキナーゼも十分の量を摂取できます。体にいいからといって食べ過ぎれば、逆効果になってしまうので注意が必要です。
食べるタイミングは朝より夜が最適です。
血液をサラサラにすると言われるナットウキナーゼは、食後長時間働いてくれるので、血栓ができやすい睡眠中や水分不足になりやすい夜に食べるといいでしょう。

クルミ
クルミには、タミン、ミネラル、そして良質の植物性たんぱく質などが含まれており、栄養価が高いことから疲労回復に効果が期待できると言われます。
身体や脳のエネルギーとなるのはブドウ糖で、そのためにはビタミンB群が必要となります。クルミにはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸などビタミンB群が多く含まれています。

疲れを取るにはストレッチ

食べ物で疲労回復もいいですが、肉体的な疲労と緊張をゆるめるには、お風呂に入って温めることで、リラックスしたり、血行を促進することも疲労回復につながります。さらに、体のこわばりをゆるめるにはストレッチが有効です。
一般的に、趣味でヨガなどをやっていないと、ストレッチとは無縁で、身体がカチカチな方が多いと思います。身体が硬くて痛いから、苦手意識を持つ方もいますが、痛いほど筋肉を引っ張るストレッチは逆効果なので、気持ちのいい程度のストレッチがおすすめです。

ストレッチは、肩や肩甲骨、お尻や股関節など、自分の気持ちがいいもので構いません。呼吸の仕方を意識して行いましょう。
正しい呼吸をすることで、筋肉に酸素がいきわたり、疲労を緩和することが出来ます。人は力を出そうとするとき、息を止めてしまうものですが、息を止めてしまうと、血圧が急激に上昇して危険です。ゆっくり息を吐きながら、伸ばしていきましょう。

まとめ

疲労は体から送られるサインです。無視して働きづくめでは、体を壊してしまいます。疲労回復に必要なビタミンC、嫌いでなければ納豆などで、疲れが癒されればいいですね。

スポンサードリンク
  - 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント