UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム »  » 乾燥肌対策になるお風呂の入り方は?塩や重曹を入れるといい?

乾燥肌対策になるお風呂の入り方は?塩や重曹を入れるといい?

目安時間約 5分

寒くなり、空気の乾燥しています。そんな中、深刻な問題が「肌の乾燥」ではないでしょうか。
乾燥肌のトラブルは、肌がカサカサで粉をふいたようになったり、化粧のノリが悪くなったり、しわの原因にもつながります。そして、お風呂に入ると痒くて辛く、我慢できずにかいてしまい、全身が真っ赤になったり、あかぎれになったりととても厄介です。

乾燥肌は、皮膚が弱っている状態なので、そのままほったらかしだと、菌の影響を受けやすく、他の皮膚病を誘発してしまうことがあるので、気を付けなければいけません。
特に、お風呂の入り方が大切で、多くの方が誤った方法を取っていて、肌に潤いを与えているつもりが、さらに肌を乾燥させてしまっています。
それでは、乾燥肌対策になるお風呂の入り方をご紹介していきます。

スポンサードリンク

乾燥肌対策になるお風呂の入り方は?

入浴時にちょっとしたことを気を付けるだけで、乾燥肌の予防と改善になります。誰でも簡単に出来るので、乾燥が気になる方は試してください。

1、肌を綺麗にし過ぎない。
皮膚科のお医者さんに、ゴルフのレッスンをしているプロから聞いた話ですが、ラウンド後にお風呂に入り体を洗います。皮膚科のお医者さんたちは、皆さん揃って、タオルを使わず、手で体を洗い出したのです。それが、肌には一番いい方法だと言うのです。
お肌のプロが、簡単にササッと手で洗っているのに、乾燥肌の人が、スポンジやナイロンタオルで、ゴシゴシと念入りにこすっていたのでは、結果は明らかです。ゴシゴシ洗いでは、肌を守るのに必要な皮脂や角質層の保湿成分まで、洗い流してしまいますし、肌の表面を傷つけてしまいます。
さらに、乾燥が酷い場合は、毎日ボディシャンプーを使わない方がいいのです。ボディシャンプーは腋や股間や足の裏くらいで、お湯をかけながらやさしく手で、撫でてあげるくらいで十分です。気になる方は、少しのシャンプーをよく泡立ててから、手でそっと撫でるように洗うか、シャンプーを1日おきにするという方法を取ってください。

2、熱いお湯に浸からない。
熱いお風呂に浸かると、肌は乾燥しやすいので、熱いお風呂が好きな方は、要注意です。ぬるめのお湯に長時間と言いたいところですが、長時間の入浴は、肌の皮脂や角質層の保湿成分をお湯の中へ、流してしまうことになります。寒い時期なので、お風呂でゆっくり体を温めたいところですが、肌のためと思い、症状が落ち着くまで我慢しましょう。

3、シャワーの水圧を強くしない。
シャワーの勢いというのは、肌へかなりの負担となります。それが熱めのお湯だと、肌は悲鳴を上げていることでしょう。シャワーはぬるめのお湯を柔らかくを心がけましょう。

他にも、入浴剤を使う際は注意が必要です。科学的な成分が入っているようなものを使うと、肌が刺激されて余計に乾燥してしまうこともあります。ここでは、お風呂に入れるものとして、どの家庭にもあるものを、お風呂に入れて乾燥対策をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

乾燥肌にはお風呂に塩を

昔から、海水浴は肌にいいと言われますが、塩をお風呂に入れるという健康法があります。精製されていない塩なら、スーパーで売っている安いもので十分です。粗塩はマグネシウム・カルシウムなどのミネラルが豊富で、新陳代謝を活発にし、保湿効果がアップ、ぬるめのお湯でも体が温まります。入浴前に、ひとつかみの塩を入れるだけです。

お風呂に重曹もいける!

重曹もひとつかみ入れるだけで、温泉のような柔らかいお湯になり、弱アルカリ性なので、肌をしっとりとしてくれます。アルカリ性の最大の作用は、皮膚のタンパク質を溶かす働きによって、余分な角質層を削り、つるつるにしてくれることです。日本の温泉のほとんどが、弱アルカリ性なので、その効果は期待できます。
また、重曹には匂いを取り除く力があるので、乾燥対策でボディシャンプーを使わない時には、身体の臭い消してくれる重曹風呂はいいかもしれません。

まとめ

乾燥肌の方には、カサカサが気になったり、酷くなると痒くて眠れなかったりと、たかが乾燥肌と甘く見ることはできません。お風呂の入り方に気を付けるだけで、症状が軽くなったという方も多くいます。綺麗好きな方は、気になるかもしれませんが、肌の潤いを保つため、ゴシゴシ洗いはしないでください。
今年は、乾燥肌に悩まず、すごせるといいですね。
部屋での乾燥対策はこちら

スポンサードリンク
  - 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント