UA-83992536-1

Optimisticな生活

お役に立てたら幸せ。ちょっとだけ使える豆知識を…。

ホーム » 掃除・洗濯 » 大掃除!窓と網戸のやり方は?届かない2階の窓からサッシまで

大掃除!窓と網戸のやり方は?届かない2階の窓からサッシまで

目安時間約 5分

大掃除のシーズンががやってきました。普段、部屋の中は掃除機をかけたり、床の拭き掃除はしていますが、ほったらかしにしてきた窓は、よーく見るとかなり汚れてますよね。

なんとなく、部屋も薄暗いような気が……。

窓の汚れとくもりを綺麗にすれば、部屋の中も明るくなるので、大掃除でピッカピカにしちゃいましょう。では、窓の掃除のコツを紹介します。

スポンサードリンク

大掃除!窓と網戸のやり方

窓の掃除

掃除をするなら、お天気の日にって気持ちになりますが、実は窓掃除は、くもりで湿度の多い日が最適なのです。なぜかというと、湿度が汚れを浮かせて、汚れが落ちやすくなるからです。天気のいい日は、ガラスが光で反射して汚れが見えずらいというのもあります。

今回、窓掃除に使用するのは、「新聞紙」です。新聞紙のインクの成分が砂埃や排気ガスの汚れ、手垢やヤニ、キッチンからの油などを分解し、ツヤも出してくれます。

では、新聞紙とぬるま湯を用意してください。
新聞紙をしっかりと握れる大きさに丸め、ぬるま湯で濡らしたらしっかりこすって汚れを落としていきます。次は、濡らさず丸めただけの新聞紙で乾拭きをし、水垢がのこらないようにふき取ります。

仕上げにマイクロファイバークロスを使うと、拭き取りだけでなく磨き上げもすることになるので、綺麗好きにはおすすめです。

 

網戸の掃除

あまり汚れていない場合は普段、床掃除で使っているワイパーとシートで、床掃除のついでに簡単に掃除できるのですが、今回は汚れている前提の大掃除なので。

使うのは、今やお掃除の定番といわれる「重曹」です。重曹は、アルカリ性で油の分解、消臭効果でヤニにも効果的です。これで、虫も寄せ付けなければ、最高なのですが…。

用意するものは、重曹、メラミンスポンジ、スプレーボトル、新聞紙、バケツです。

スプレーボトルにぬるま湯と重曹小さじ1杯ほど入れます。窓の下に新聞紙を敷き、重曹水をスプレーして、汚れが浮いてくるのを待ちます。
拭き取りに入りますが、ここでポイントがあります。
1回でふき取る分は、スポンジの幅分で、上から力を入れず撫でるように、下まで下していきます。下まで来たらスポンジを裏返して、今拭いた隣を同じように上から下まで拭きます。そうしたら、バケツでスポンジをゆすぎます。

少し面倒がもしれませんが、こうすると1回取った汚れが、また網戸につくことがないので、結果的に早く綺麗にできます。

二階の窓はどうする?

ベランダがない2階の窓の外側って手が届かないので、隅々まで掃除できませんね。体を乗り出すのも危険だし、限界があります。

そんな時は、強力磁石で両面から挟んで掃除できる、優れものがあります。

 

また、4、6メートルまで伸ばすことができ、重量が1キロ未満のガラスワイパーというのもあります。

 

網戸の場合、網戸外さず洗える! お掃除ローラーというのがあります。

 
ローラーの表面に、マイクロファイバー繊維が使われていて、この繊維が網戸の裏側まで回り込んで、掻き出すように掃除してくれます。一度に両面が掃除できるので、とっても便利でです。

こういった、便利商品も使うと、より簡単に掃除できますね。

スポンサードリンク

サッシも綺麗に

せっかくなので、窓のサッシも綺麗にしちゃいましょう。

用意するものは、割りばし、キッチンペーパー、雑巾ですが、ホームセンターで売っているペットボトルに付けるブラシ付きスプレーがあると、よりきれいになります。

割りばしにキッチンペーパーを巻き付け、水を染み込ませて、サッシのレールの汚れを掻き出していきます。
さらに、ブラシスプレーで洗い、雑巾で拭きあげたら終了です。

まとめ

大掃除は、年末で忙しい時期で大変です。掃除するのは窓だけではないですしね。窓を綺麗にすると、光が入って部屋が明るくなり、気持ちいいものです。

新年で人が来たりするでしょうし、目立つ居間などの窓から始めてみてはどうでしょう?
大掃除の計画の立て方はこちら
換気扇の大掃除はこちら

スポンサードリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報
最近のコメント